JBSのこと

社内イベント

JBSで開催されている社内イベントの一部をご紹介します

カンパニーミーティング

JBSは社員同士のコミュニケーションを大切に考えています。その考えのもと、年に2回、4月と10月に実施されているのが「カンパニーミーティング」です。クライアント先に常駐している社員も多いため、社員全員が一同に会し、会社の方向性を確認しながら親睦を深められるカンパニーミーティングは、JBSにとって大切なイベントです。

会議の部では、経営陣からの半期の振り返りや、今後のビジネスプランの説明が行われ、会社としての方向性を全社員で共有し、理解を深めます。さらに、営業報告や永年勤続表彰のほか、社外のゲストを招いて講演をしていただくこともあります。

後半はパーティーの部。おいしい食事を楽しみながら、親睦を深めます。高い実績を上げ、JBSに貢献した人を称えるプロジェクト表彰や、新卒や中途で入社した新入社員の紹介が行われます。

自由で風通しがいいのがJBSの社風ですが、だからといって社員それぞれがバラバラの方向を向いていては、お客様に質の高いサービスを提供し、ビジネスを成長させることはできません。カンパニーミーティングでは、会社の方向性や経営情報などを共有するとともに、社員同士のつながりをさらに促し、JBSとしての一体感を醸成しています。

ファミリーデー

JBSが大切にしているのは、社員間のコミュニケーションだけではありません。社員の家族とのコミュニケーションも大切にしたい、そんな思いで開催しているのが「ファミリーデー」です。

JBSにとって、社員は家族。そして、社員の家族も家族です。この日は、社員の家族を会社に招き、職場見学をしてもらいます。Lucy's Cafeで食事や飲み物も楽しめるほか、キッズスペースやゲームコーナーもあって、子どもたちにも大人気です。

お父さんやお母さん、夫や妻が、普段どんなところで、どんな人たちと働いているのか。JBSは、社員の家族にも、私たちのことを知ってほしいと考えています。そして社員同士にも、ともに働く同僚の家族を知ってほしい。そうすることで、社員同士が思いやりを持ち、普段仕事を進めるうえでの協力関係も築きやすくなるはずです。もちろん、家族が仕事や会社について理解し、応援してくれれば、社員のモチベーションアップにもつながるでしょう。

また、ワークライフバランスを考える上でも、業務の効率化やそのための環境整備や制度だけではない、こうしたイベントを通じてのコミュニケーションが大切だとJBSは考えています。

HOME